上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・が
そんな人、助けなくていいからッ!
(この犬、マリノアかな?)
スポンサーサイト

新しく記事を書く
の、画面にすると何故か固まり再起動しないとダメ。
つまんね~記事しか書かないから「お前さんは書かなくてもいいわい」と言われてるのかもな(;´Д`)

今日はやってと動いてくれたよ。

なので、更新したくてもなかなかできないんだよ~~~ってことを
ここに書いておくよ。(そこのアナタ、、、(;´∀`))

うちの場合、ブログってのは
「生存確認」の手段のひとつなのサ。(汗

   「フランダースの犬」
   昨日の記事のチョコつながりで。

   子供の頃
   このアニメの最終回を観て、熱出して寝込んだ...。
   なんて純真な子だったのでしょう、アタクシ。

フランダースの犬


   イギリス人作家・ウィーダ(マリア・ルイーズ・ラメー)による作品。
   (舞台はベルギー、アントワープ)
   
   日本ではこれだけ有名な作品だというのに、
   あちらではほとんど知られていないとか。

   その理由は
   「負け犬の犬死」の物語だから...。

   ...欧米人の価値観から、ウケるわけがない、と。
   でも著者は英国人だよねぇ。
   欧米の価値観、と一括りにはできないと思うなぁ。

   何故日本ではウケたか?という特集番組があったらしい。
   見たかったな。   

   その「負け犬の犬死」にえらく感動し熱まで出したアタイ。
   日本人の美意識や魂の在り方を脈々と受け継ぐ
   DNAをもっているからこそ、ってことだね。( *´艸`)
   
   当時は知る由もない言葉だが、
   一応オトナになった今なら知っている語彙
   「無常」「永遠」
   それらをネロとパトラッシュの死から
   その日本人の価値観とやらで本能的に感じていたわけだな。
   で、あまりのショックで熱出した、っと。
   単なる風邪だったかもしれんけど!?

   まぁ、それはど~でも。

   このパトラッシュ。
   アニメでは大きな雑種犬に描かれているけど
   原作ではどんな犬だったか
   様々な説がある。

   私が支持したいのは
   「パトラッシュのモデルはタービュレンだった」という説。

   何故ならウィーダ女史の愛犬がタービュレンだったそうな。
   (他にも犬はいたみたいだけどけど)
   で、1908年イタリアで亡くなった際
   ネロと同じように愛犬を抱きしめたまま亡くなっていたという。


  
   ノア、荷車牽けるの!?と思うけど
   (とくにノアはオチビさんだしね。)
   実は昔のタービュレンって、かなり大きかったらしいっス。 


   
   犬が好きなイトコから   
   「パトラッシュはノアと同じ種類だったらしい。」と、聞いたとき
   寒い教会の中で静かに息絶えたネロとパトラッシュが
   アタイとノアの画像に入れ替わったけどなッ;
   ・・・多分、イトコの脳内画像も(爆

   「フランダースの犬」好きでも、
   そんなことは知らずにノアとの暮らしを選んだんだけどね。
   こういうのも「縁」っていう!?


   でもさ、最期は寒い教会の床の上に「ルーベンスの絵」よりも
   あったかいコタツの中でお笑い番組見ながら息絶えたいぞ。

    
IMG_0764.png
中途半端な行き倒れ方するから、ドアが閉められんッ!!


   教会の冷たい床で倒れているアタイを飛び越えて
   「おうち、おうち♫」と、暖かい場所に帰るね、コイツは↑
   ・・・それでもいいよ(;^ω^)


   

   イタリアでは3月8日は「FESTA DELLA DONNA」(女性の日)
   男性が女性に日頃の感謝の気持ちを込めて
   プレゼント(ミモザの花)を贈る日。
   この日は女性たちは家事から解放され
   友人たちとディナーを楽しんだりする。。。

   3月8日は「国際女性デー」としての方が知名度高いかな?

   女性はもっと活躍できる。
   けど、まだまだ難しい現実もあるだろう。

   ワタクシ、こんなだけど
   攻撃的なフェミニストではございませんのよ。
   そりゃ~男女「差別」はいけませんが、
   「区別」はあってもいいと考えてるよ。

   バレンタインデーなんつ~のはあっても、
   こういうのは日本じゃなかなか定着しないだろうね。



   ミモザの花は好きな花のひとつ。

   
   でも、アタイはミモザの花束もらうより
   ネギ束もらった方が嬉しいぞ、っと。
   抱えきれないほどの深谷ネギの束。
   ・・・泥つきでもよろしくてよ💛
   

   ノアの野生の本能みたいなもの?
   第六感、っていう表現の方が当てはまるか。

   投稿してから気が付いた(;´Д`)
   書きなおすのも面倒だから、ここで追記ってことで。

   では、もう一度。

   私はノアの本能(野生的な直感)を信じてる。


   ・・・スピリチュアルとかオカルト的なことじゃなく、
   そういうのって、あると思うんだよね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。