上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   かわいいあの子がお泊りにきている。

   小桜インコの「チェリーちゃん」。
   今、ちょうど思春期に入ったって感じだよね。
   反抗期。。。(;´Д`)

   飼い主さんの手が傷だらけになりやすい時期でもあるし
   色々難しいこともあったりする場合もあり。
   
             ・・・ん!?
         犬を育てることと同じ!?


ちっともおとなしくしてないから、画像が全部ブレブレだよ、チェリー。
IMG_0501.png

   落ち着かなくて警戒鳴きしたりしてたけど、
   しばらくしたらチェリーちゃん、思い出したみたいだね。
   以前泊まったことも、私のことも。

   甘えん坊のチェリー。
   かわいいねぇ。

   「エサ吐きもどしプレゼント」してくれるけど、
   気持ちだけで結構ですから(;^ω^)

  
   鳥なんてただ囀ってるだけじゃない?そんなふうに思われがちだが
   鳥の知能を侮るなかれ。

   オウム・インコ系の鳥達を
   「空飛ぶ仔犬」と表現する人々もいるのだから。


   比べるものではないけれど、
   場合によっては犬よりも「頭がいい」と思わせる行動をとることがある。 
   そして、とても豊かな感情を持っている。 
   ときとして、その豊かな感情が「負」に働くと
   心に傷を負い「自傷行為」となってしまうこともあるくらいに...。
 
   鳥と深く付き合い、鳥と暮らしたことのある人ならうなづけることだろう。

   家族以外の人間を識別するのはもちろん(性別も判別できる)
   声も聞き分ける。
   (おまけに、人によってあからさまに態度も変えることがある。)

   以前うちにいたオカメインコは車のエンジン音も聞き分けた。   
   ちょっとした芸当など朝飯前で覚えるしね。(もちろん個体差はあるけど)
   
   …チェリー、うちにいる間に何か一発芸覚えて帰ろうか~?


初登場 ↓ 我が家のオカメインコ「Bakuさん」。
うちは鳥がいない生活なんて考えられないくらい鳥が好き。
IMG_0124.png
...あの~、チェリーちゃんって、声も態度もデカいんですケド;

   しッ!それを言っちゃいけません(゚∀゚)


   そういえば。
   3歳になる頃から全くしなくなったね。

   ってか、できなくなった!?
   
   この、「カエル脚」?「アジの開き座り」っての。 
             ↓
《 ノア・2歳6か月頃 》
IMG_0141_1.png


   昨日の散歩でブランちゃんの
   ♪アホアホダンス→アホ走り~からの~匍匐前進!!
   の、一連の流れを見て
   そういえばノアのあのペタンとした姿、見なくなっちゃったな~と。

2014120510320000.png
《 去年うちにお泊りした時のブーちゃん↑フガフガ言いながら匍匐前進中》
面白いから、そのまま見守ってた(放っておいた)オバちゃんデス(-ω-)

   庭の端から端まで匍匐前進しそうな勢いだったよね。
   ノアも呆然として遠巻きに見ていたぞ。

   それにしてもブーちゃん。
   見事だな、後ろへの伸びっぷり。
   
   チビノア時代を思い出して、ちょっと懐かしかったよ。

   これ、やる子とやらない子って、何の違い?
   やっぱ若さと柔軟性もある?  

   本日、難破船メンバーとお散歩。
   忙しい中皆都合つけて集まってくれた。
   まさに時間を惜しんで、、、だよね。
   ブーちゃんの♪いい日~旅立ち~♪まで、カウントダウンだもんな~。

   先週、小雨降る中「よし、サラっと歩くか!」と
   ブーちゃんと散歩したときは
   空気は冷たく、梅の花はまだ固いつぼみのままだったけど
   今日はチラホラと咲き始めていたし、歩いていると暑く感じるくらいだった。


   イケッチさん、顔を近づけ花から花へと香りを吟味。
   まるでハチドリみたいだったよ( *´艸`)
   ダイソン並の吸引力で花粉を吸い込み、ゲホッとしていたようですが;


   ブーちゃんはアタイのこと「鬼軍曹」扱いしてるよね。
   もしくは、学校の先生。
   かぁちゃもいることだし、おとなしく先生の言うこと聞いておこうかな~みたいな。

   アタイと一斉にブーちゃんを呼んだとき
   呼ばれた瞬間からゆきべーのことしか視野に入ってなかったよ、ブーちゃんは。
   で、まっしぐらに走ってきたでしょ?
   ゆきべーとブーちゃん、つながってるな~って感じた。

   だから、引っ越して新しい場所に行っても
   安心できる存在のかぁちゃんと一緒ならブーちゃんは大丈夫。
   きっと楽しく散歩できる。
   氣の合う犬も見つかるよ。


   ...次回の散歩は
   梅の花が咲き乱れ、甘い香りにつつまれながら散歩できるかな。
   美味しい物でも持って行こうか♪
   (今日の写真撮ったハズなのにとれてなかった;)


       *  *  *  *  *


   うちに帰り、さ~お茶でもするか~!と
   ...オヤツがないことに気が付いた。

   ならば仕入れてこよう。

   先日、イケッチさんから頂いた焼き菓子を思い出し
  
   ...買いに行ったぜ。
  (美味しかったからさ~💛)

IMG_0781.png
これはほんの一部ね。 他にも色々...(*´з`)

   ホント、ここのお菓子、美味しいぞ~。   


この時代に生きる私たちの矛盾

ビルは空高くなったが 
人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 
視野は狭くなり
お金を使ってはいるが 
得る物は少なく
たくさん物を買っているが 
楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 
家庭は小さくなり
より便利になったが 
時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても 
センスはなく
知識は増えたが 
決断することは少ない

専門家は大勢いるが 
問題は増えている
薬も増えたが 
健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 
笑うことは少なく
猛スピードで運転し 
すぐ怒り
夜更かしをしすぎて 
起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で 
テレビは長く見るが 
祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 
自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 
愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 
人生を学んではいない
長生きするようになったが 
長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 
近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 
内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが 
より良いことはなしえていない

空気を浄化し 
魂を汚し
原子核を分裂させられるが 
偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 
待つことは覚えず

計画は増えたが 
成し遂げられていない

たくさん書いているが 
学びはせず
情報を手に入れ 
多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが 
人格は小さく
利益に没頭し 
人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いはたえず

レジャーは増えても 
楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても
栄養は少ない

夫婦で稼いでも 
離婚も増え
家は良くなったが 
家庭は壊れている

忘れないでほしい 
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 
1円もかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り 
その時間を慈しむことを

愛し 
話し 
あなたの心の中にある
かけがえのない思いを
分かち合おう

人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない

どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ

                  (ボブ・ムーアヘッド牧師の言葉より~)



   4年前。
   神も仏もない、あるわけない、そう思わずにいられなかった。
   自分の価値観がとても虚しく思えた。

   本当に大切なものを失い、身を引き裂かれるような耐え難い苦しみを乗り越え
   どうにかして生きていくための心の支えになる強い思い。
   私の心の中にはあるだろうか。


   「フランダースの犬」
   昨日の記事のチョコつながりで。

   子供の頃
   このアニメの最終回を観て、熱出して寝込んだ...。
   なんて純真な子だったのでしょう、アタクシ。

フランダースの犬


   イギリス人作家・ウィーダ(マリア・ルイーズ・ラメー)による作品。
   (舞台はベルギー、アントワープ)
   
   日本ではこれだけ有名な作品だというのに、
   あちらではほとんど知られていないとか。

   その理由は
   「負け犬の犬死」の物語だから...。

   ...欧米人の価値観から、ウケるわけがない、と。
   でも著者は英国人だよねぇ。
   欧米の価値観、と一括りにはできないと思うなぁ。

   何故日本ではウケたか?という特集番組があったらしい。
   見たかったな。   

   その「負け犬の犬死」にえらく感動し熱まで出したアタイ。
   日本人の美意識や魂の在り方を脈々と受け継ぐ
   DNAをもっているからこそ、ってことだね。( *´艸`)
   
   当時は知る由もない言葉だが、
   一応オトナになった今なら知っている語彙
   「無常」「永遠」
   それらをネロとパトラッシュの死から
   その日本人の価値観とやらで本能的に感じていたわけだな。
   で、あまりのショックで熱出した、っと。
   単なる風邪だったかもしれんけど!?

   まぁ、それはど~でも。

   このパトラッシュ。
   アニメでは大きな雑種犬に描かれているけど
   原作ではどんな犬だったか
   様々な説がある。

   私が支持したいのは
   「パトラッシュのモデルはタービュレンだった」という説。

   何故ならウィーダ女史の愛犬がタービュレンだったそうな。
   (他にも犬はいたみたいだけどけど)
   で、1908年イタリアで亡くなった際
   ネロと同じように愛犬を抱きしめたまま亡くなっていたという。


  
   ノア、荷車牽けるの!?と思うけど
   (とくにノアはオチビさんだしね。)
   実は昔のタービュレンって、かなり大きかったらしいっス。 


   
   犬が好きなイトコから   
   「パトラッシュはノアと同じ種類だったらしい。」と、聞いたとき
   寒い教会の中で静かに息絶えたネロとパトラッシュが
   アタイとノアの画像に入れ替わったけどなッ;
   ・・・多分、イトコの脳内画像も(爆

   「フランダースの犬」好きでも、
   そんなことは知らずにノアとの暮らしを選んだんだけどね。
   こういうのも「縁」っていう!?


   でもさ、最期は寒い教会の床の上に「ルーベンスの絵」よりも
   あったかいコタツの中でお笑い番組見ながら息絶えたいぞ。

    
IMG_0764.png
中途半端な行き倒れ方するから、ドアが閉められんッ!!


   教会の冷たい床で倒れているアタイを飛び越えて
   「おうち、おうち♫」と、暖かい場所に帰るね、コイツは↑
   ・・・それでもいいよ(;^ω^)


   

   チョコレート中毒のワタクシ。
   チョコを食べない日はない。

   で、もらったよん。
   ベルギー大使館推奨のチョコだって。

   ネロの隣にいつもパトラッシュがいたように
   チョコレートもいつもそばに...ってことで、
   「Nello」なんだそうな。

   「フランダースの犬」「ベルギー」「チョコレート」
   アタイにとってどれも欠かせないものだわ~💛

   もう残り2個しかないけど。
   美味しかったよん(*^-^*)   




   イタリアでは3月8日は「FESTA DELLA DONNA」(女性の日)
   男性が女性に日頃の感謝の気持ちを込めて
   プレゼント(ミモザの花)を贈る日。
   この日は女性たちは家事から解放され
   友人たちとディナーを楽しんだりする。。。

   3月8日は「国際女性デー」としての方が知名度高いかな?

   女性はもっと活躍できる。
   けど、まだまだ難しい現実もあるだろう。

   ワタクシ、こんなだけど
   攻撃的なフェミニストではございませんのよ。
   そりゃ~男女「差別」はいけませんが、
   「区別」はあってもいいと考えてるよ。

   バレンタインデーなんつ~のはあっても、
   こういうのは日本じゃなかなか定着しないだろうね。



   ミモザの花は好きな花のひとつ。

   
   でも、アタイはミモザの花束もらうより
   ネギ束もらった方が嬉しいぞ、っと。
   抱えきれないほどの深谷ネギの束。
   ・・・泥つきでもよろしくてよ💛
   

 ジャンルにとらわれないアーティスト、ノア。
 この彫刻作品については
 これから先、どのように制作進めていくか悩んでいるようだ。

 これ見た時は「なんじゃこりゃ~ッ!!」って驚いたよ。
 結構なお値段のテーブルだったんだからねッ。(-ω-)

IMG_07477.png

   よい素材を提供してあげてるんだから
   素晴らしい作品に仕上げてくださいよ、ノアさん。

ほら、モノクロにすると退廃的な美を感じるわよ!?
IMG_07499.png

   ...で、ノアさん。
   この作品のテーマ、題名は?

「う~ん、
感情の赴くままに制作してるからその時によってテーマが違うのデス。」
IMG_0751.png
「ちょっと前までは【理由なき反抗】(本当は理由アリ)
今はね、【雨の日の憂鬱】ってしようかな~って思ってる。
でもね、完成はまだまだ先。」

   ...そ、そうですか;
   その時の気分で変わるんですね?

「だって、アーティストは自由ですの。」

   そ、そうですね...。


皆様のお宅にも「自由なアーティスト」はいますか?(*´з`)?

(自由でいいんだよねぇ。わかっちゃいるけど~;
ペンタブで黒い子(はなちゃんとか、はなちゃんとか、はなちゃ...(爆)
描くのって難しいわぁ。描くには描けてもなんだかなぁ。。。
やはりアタイは紙と筆が一番自由にやりやすいデス;)


   ノアの野生の本能みたいなもの?
   第六感、っていう表現の方が当てはまるか。

   投稿してから気が付いた(;´Д`)
   書きなおすのも面倒だから、ここで追記ってことで。

   では、もう一度。

   私はノアの本能(野生的な直感)を信じてる。


   ・・・スピリチュアルとかオカルト的なことじゃなく、
   そういうのって、あると思うんだよね。

   昨日、雨は朝のうちだけで昼前から快晴お散歩日和。
   チーム難破船のみんなと散歩できたねぇ。残念。

   昨日ほどじゃないけど、今日もあたたかいね。
   (さ、難破船の皆様。都合よい日に散歩するですよん♫)

「勘ちゃんやブーちゃんからのスメール📨 あるかもしれないデス。」
IMG_06000.png

IMG_06022.png

IMG_06033.png

   なんだよ、急に真顔になって立ち止まって...。

IMG_0605.png
こわいからやめてください。。。誰もいないよ。

   ...と、思ったら
   遠くの樹木の陰に野鳥のシャッターチャンスを狙って
   カメラをセットし息を潜めたオジサン発見。
   あれじゃ~樹に擬態してて、視力悪い人にはわからんわ(爆
   ちなみにアタイは視力1.5なんでね(=゚ω゚)
   ノアが教えてくれたから、遠くからでも存在を確認できたデス。
   視力がズバ抜けて良い鳥達からすれば丸見えなんだろうなぁ。
   
   あのアングルからすると、ゲラ類か山雀あたりを撮影したいのかな?

   

   何かの存在を感じ取り「!」とする時のノアって
   「しッ!!静かに!」ってアタイに言ってる気がする。

   そんなときは一緒に動きを止めて耳を澄ます。

   ・・・本当に何かいるんだよね。(爆
   (えッ!!死体?と思ったら、
    何故そこ!?って場所で昼寝してるオッちゃんだったり;
    他にも色々見つけちゃうし。
    異様に警戒するノアを信じ避けて通って正解だった、ってこともしばしば。)
  

   梅雨や夕立の季節など
   突然「、、、帰る!」と、急ぎ足になって
   車に乗ったとたんにザーーーッと雨、なんてのもあるよね。
   これは仔犬の時からだったね。

   おかげでいつも突然の雨に濡れずにすんでる。
   だからノアのレインコートも必要なし。。。ってことで。(;^ω^)


  
      私はいつだって、どんなときも
      ノアの五感を信じてるよ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。