上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

              「 イヌの魂 」


 
            すべてのイヌには魂がある
            きっと心の奥の深い場所
            痛みや悲しみ憂いをすべて
            誇りのもとに封印している

            そこで良し悪しを選り分けて
            それらの是非を見極める
            彼はすべての判断を
            そこに静かにしまいこむ

            イヌたちの持つ秘密の場所
            胸の奥の隠し場所
            心の痛みを打ち明けられる
            旧知の友のような場所

            たとえば濡れ衣をきせられても
            彼は言葉を使えない
            ひどい非難にさらされても
            魂に平安を求めるしかない

            愛されずとも愛し
            悪用にも奉仕する
            一言の優しさのために

            どんなに虐待を受けていたとしても
            心が張り裂けるような仕打ちを受けても
            彼の愛は変わらない

            神はすべてのイヌたちに
            受け入れる魂を与えたもうたから

                                作者未詳
                                訳: 井上由理



   『 A Dog’s Soul 』 
         (Author unknown)
  
   「YOU KNOW WHAT ?」より(一二三書房出版)



   私はこの詩の
   「悪用にも奉仕する」という一節に妙に心を動かされた。

   犬にとっては飼い主が「正しい」世界。

   ・・・清く正しく生きるべし!? 
   大丈夫か、自分ッ(;´Д`)
     


スポンサーサイト


コメント

  1. 勘太郎 | -

    感情移入して読んでしまいたよ。
    生まれて間もなく母親と別れ、
    そして商品として売りに出される。
    遺伝子に組み込まれているとはいえ、人間にあれほまでの忠誠心を表現するなんて何が良いんだ。怒ったんで良いんだよ。
    お前の自由はどこにある?
    寝ている時の夢の中?

    少々やんちゃでもいいさ!なんて思ってしまいます。
    勘太郎の産みの親はどうするのかな?

    ( 13:14 )

  2. ~Ritz~ | -

    ~勘ちゃん~


    > 遺伝子に組み込まれているとはいえ、人間にあれほまでの忠誠心を表現するなんて何が良いんだ。怒ったんで良いんだよ。

    今思えば、昔のノアは怒っていたのかもな~;


    > お前の自由はどこにある?
    > 寝ている時の夢の中?

    夢の中だけだなんて、せつないよね。

    そうそう、
    ノアは「コクン、コクン、、、」と音をたてて
    ちょびっとベロを出して寝ている時があるのです。

    これは絶対母犬のお乳を飲んでいる夢を見てるな~と話してますわ。
    ノアの夢の邪魔をしないよう、
    周囲はそ~~~~っと動いてます(*´Д`)


    > 少々やんちゃでもいいさ!なんて思ってしまいます。
    > 勘太郎の産みの親はどうするのかな?

    元気でヤンチャが一番です。
    少しおとなしいと具合が悪い?病気!?と心配になるよ~;

    ( 15:11 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。